2018年 7月 22日 (日)

高速バス衝突、2人死亡 運転手はSAS「要経過観察」だった

印刷

   2014年3月3日5時10分頃、北陸道上り線の小矢部川サービスエリア(富山・小矢部市)で、宮城交通(仙台市)の高速バスが駐車中の大型トラック2台に相次いで衝突した。この事故で、乗客の私立高校教諭・小野善広さん(48)と、運転手の小幡和也さん(37)の2人が死亡し、残る乗客23人全員とトラック運転手1人の計24人が病院に搬送された。

   NHKの報道などによると、小幡運転手は会社が13年10月に行った睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査で、治療せず様子を見る「要経過観察」と診断されていたが、バスの運転には支障がないと判断され乗務を続けていたという。

   富山県警は自動車運転過失致死傷の疑いもあるとみて捜査を進めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中