富士急ハイランドで空中ブランコ停止 乗客1時間宙吊りに

印刷

   山梨県富士吉田市の遊園地「富士急ハイランド」で2014年3月10日、アトラクション「鉄骨番長」が運転中に停止するトラブルが発生した。乗客23人が地上23メートルの高さで約1時間宙吊りになったが、けが人はなかった。安全確認ができるまで運転を中止する。

   「鉄骨番長」は高さ59メートルのタワーの周りを、空中ブランコが最高時速51キロメートルで回転するアトラクション。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中