2018年 7月 22日 (日)

小保方氏20ページすべて「コピペ」? 博士論文でこんなことありえるのか

印刷

   新型万能細胞(STAP細胞)論文の筆頭著者、小保方晴子・研究ユニットリーダーが厳しい立場に追い込まれている。英科学誌「ネイチャー」に投稿した論文で画像の使い回しや別の論文の盗用の疑いがもたれているのに続き、今度は自身が大学院生だった時に書いた博士論文にも疑惑が浮上してきた。

   引用や参照と明記しないまま、20ページに渡って別の資料からほぼ「丸写し」したとみられる記述が見つかったという。仮にコピーアンドペースト(コピペ)したなら、研究者としてはありえない行為だ。

専門家でも論文を「ななめ読み」するかもしれない

   小保方氏が2011年2月付で早稲田大学に提出した博士論文と内容が酷似しているとされたのは、米国立衛生研究所(NIH)のウェブサイトに掲載されていた内容だ。幹細胞の基礎的な知識をまとめたもので、一部の見出しや語句を除けばほぼ同一とみられるという。全108ページ中、第1章の約20ページが「コピペ」を疑われている。サイトの更新時期が博士論文より前なので、NIHが盗用したとは考えにくい。

   博士論文でこれほどのページ数を、他者が書いた文章で埋めることはあるのか。国立大教授に聞いたところ、「ありえない」と断言した。もちろん、さまざまな文献を引用、参照する場合は少なくないが、必ず「いつ誰が書いたか」出典を明らかにする。引用や参照は、あくまでも自説を補完するためのもので「それ自体が論文の柱になってはいけません」。

   この教授は文系で、博士論文は200~300ページに及ぶそうだ。理工系の場合はずっとページ数が少ない。文系分野と異なり、過去の学説やその道の権威の成果を引用するよりも「イノベーション」自体に焦点を当てる傾向にある。それだけに、実験の再現性が重視される。STAP細胞の論文でも指摘された点だ。

   論文の審査には通常、指導教官と数人の教員がチームで行う。朝日新聞の医療サイト「アピタル」2014年3月12日付記事によると、小保方氏の場合、STAP細胞論文の共著者のひとり、米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授を含む4人が審査にあたった。全体ページの5分の1ほどが「コピペ」された論文なら、専門家である教授陣なら見抜けたのではないか。

   都内の私大に勤務する教員に聞くと、研究テーマが複数の分野にまたがっている場合、審査する側も各分野の専門家をそろえる。このため「ある分野は詳しくても、その他は分からない」審査員が出てくるそうだ。「コピペ」された内容に精通している教授でも、自分で重要だと判断した個所以外は「ななめ読み」するタイプであれば、全ページの内容を把握するわけではない。当然、見逃す部分は出てくる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中