東日本大震災の語り部【宮城・名取発】

印刷
news_p199093_1.jpg

語り部とは、ある物事を後の代に語り伝える人のことを言います。

ディレクターの伊セ徹です。このVTRの編集を通じ、改めて語り部という仕事の大切さを知りました。

昨年まで家族7人で仮設住宅暮らしをしていた主婦・菊池訓子さん。大地震で故郷がどのように変わってしまったのかを語り部として1年前から活動に参加しています。自らも津波で自宅を流され昨年まで仮設住宅を送っていた彼女が、震災後、語り部という仕事を選んだ理由は?




閖上震災を伝える会

〒981-1213 宮城県名取市閖上1-1-13(閖上まちカフェ内)

受付 FAX:022-765-8378



仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中