アンネの日記事件で30代無職男が犯行ほのめかす 新聞など報じる

印刷

   「アンネの日記」関連本が図書館や書店で次々に破られた器物損壊事件で、被害書店に不法侵入したとして逮捕された東京都内在住の30代の無職男が一連の事件について犯行をほのめかす供述をしていると、新聞などが2014年3月13日報じた。

   報道によると、この男は、東京都豊島区の「ジュンク堂書店」池袋本店で2月22日に店内に無断でビラを張っていたとして、警視庁に建造物侵入の疑いで3月7日に逮捕された。書店で「アンネの日記」が破られる直前に男が書棚に近づく不審な行為が防犯カメラに写っており、警視庁でその関与について調べている。男に思想的背景があるかは分かってないが、その言動は不安定だともいう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中