ビール系飲料の総出荷量2月は2.3%増

印刷

   ビール主要5社が2014年3月12日に発表した14年2月のビール系飲料の総出荷量は、前年同月比2.3%増の2934万ケース(1ケースは大瓶20本換算)で2か月連続プラスになった。消費税増税前の駆け込み需要と見られている。

   ビールや発泡酒といったビール系飲料の2月の出荷量は37万1524キロリットルで、ビールが同3%、第3のビールが同2.4%増えた。また単価の高い「プレミアムビール」の新商品も好調だった。一方、発泡酒は伸び悩み同0.6%減だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中