2021年 3月 6日 (土)

天声人語、「意味不明」と波紋広げる 「あまちゃん『ダサい』と原発できた土壌が一致」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   朝日新聞の朝刊1面コラム「天声人語」がNHKの人気ドラマ「あまちゃん」を取り上げた。

   その中の一場面で登場した「ダサい」というせりふと、東京電力福島第1原発が建設されたことには通底するものがあると論じようとしたようなのだが、「書いてあることの意味が分からない」として、ちょっとした話題になっている。

「ダサいくらいなんだよ、我慢しろよ!」

3月12日の紙面に掲載された「天声人語」。「意味が分からない」という声が続出している
3月12日の紙面に掲載された「天声人語」。「意味が分からない」という声が続出している

   2014年3月12日の天声人語で取り上げられた、「あまちゃん」の主人公アキの親友ユイが、アイドルへの夢を「ダサい」として諦めようとしたのに対して、アキが「ダサいくらいなんだよ、我慢しろよ!」と一喝する場面。あまちゃんの音楽を担当した大友良英さんは、この場面に大きな衝撃を受けたといい、著書で

「ダサいという言葉に囚(とら)われる心と、福島に原発がつくられた<土壌>は一致している」

などとつづったという。これを天声人語の筆者は

「そこに共通するのは都会へのひけめ、あこがれ、そして対抗心も、だろうか。だからこそ、大友さんはアキの言葉にはっとし、<地方と中央の関係を根底からくつがえす原動力>を見たのかもしれない」

と解説。その上で、約620字のコラムを

「ドラマの中のアキは東京生まれの設定だが、ずっと方言のままだった。東京発の価値観だけにしたがって生きる必要などないのだ」

と締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中