2021年 3月 1日 (月)

男児死亡事件で注目、「ベビーシッター」紹介サイト なぜ母親たちは利用せざるをえないのか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   埼玉県のマンションの一室でベビーシッターに預けられていた2歳の男児が遺体で見つかった事件で、神奈川県警は2014年3月18日、ベビーシッターの物袋勇治容疑者(26)を死体遺棄の疑いで逮捕した。物袋容疑者は容疑を否認しているという。

   事件の真相解明が待たれる中、男児の母親も利用していたベビーシッターの紹介・マッチングサイトが注目を集めている。「見ず知らずの人に預けるなんて」という批判も少なくないが、一定のリスクがあっても頼まざるを得ない母親たちの苦しい現状があるようだ。

1時間1000円前後で利用可能

男児の母親が利用したという「シッターズネット」は3月18日、一時サービス停止を発表した
男児の母親が利用したという「シッターズネット」は3月18日、一時サービス停止を発表した

   ベビーシッターのニーズは、近年の待機児童の問題もあり、高まっている。公益社団法人「全国保育サービス協会」の資格認定試験はあるが、国家資格が必要な保育士と違って特別な免許や資格は必要ない。また、児童福祉法では5人以下を預かる場合は届け出も不要とされていて、企業による派遣型サービスのほかに、個人のシッター業者も数多く存在する。

   個人シッターと利用者をつなぐのがインターネット上のマッチングサイトだ。今回、男児の母親が利用した「シッターズネット」は登録シッター約5000人、利用者約1万人の無料マッチングサイトだった。同様のサイトは大小含めるといくつも存在する。

   サービス内容は訪問保育が基本だが、幼稚園や保育園の送迎、産後の補助、夜間の宿泊など多岐にわたっている。利用時はサイト内の掲示板に場所や日時を書き込んでシッターを募るか、条件に合う登録シッターを検索してメッセージを送って交渉を進める。紹介料を取るところもあるが、登録シッターと直接やりとりするため、比較的低価格なところが多い。あるサイトでは「派遣型サービスの平均料金が2000円前後に対し、1000円前後が相場」(1時間当たり)と説明している。料金面だけでなく、急な依頼や夜の依頼に対応してもらいやすい点も重宝されているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中