小松法制局長官、携帯メール読み上げ答弁

印刷

   小松一郎内閣法制局長官が2014年3月25日の参院外交防衛委員会で、議場への持ち込みが禁止されている携帯電話を見ながら答弁し、注意される一幕があった。小松氏は「国会のルールに反し、大変な誤りだった」と謝罪し、答弁を撤回した。

   民主党の白真勲氏から、安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇親会」に出席している横畠裕介内閣法制次長が発言したことがあるかどうかを質問された。小松氏は「確認する」として答弁を保留。その後、部下から携帯電話を受け取って「質問を受けたこともなく、答えたこともない」と、法務局からメールで届いた回答を読み上げた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中