2019年 5月 22日 (水)

手塚治虫「開かずの引き出し」から自筆の大量エロ絵 「田中圭一も真っ青」な中身にファン興味津々

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   漫画界の巨匠、手塚治虫さんが生前に使っていた書斎机の「開かずの引き出し」が娘・るみ子さんの手によって初めて開けられた。

   気になる中身の一部をツイッターで公開し、ファンは大興奮だ。というのも、出てきたのは、アニメ原画や未完作のカット、食べかけのチョコレートのほかに、エロさ際立つイラストまで見つかったからだ。

25年の時を経て「発掘」

エロイラストも大量に(手塚るみ子さんのTwitterより)
エロイラストも大量に(手塚るみ子さんのTwitterより)

   るみ子さんは2014年3月27日、ツイッターで「今日は半日かけて新座スタジオで父の書斎机の片づけをしてきました」と報告した。新座スタジオとは、埼玉県新座市にある手塚プロダクションのアニメーション制作スタジオのことで、治虫さんが晩年、仕事場としていた場所だ。今回、整理したという書斎机は2013年7月に開催されたチャリティライブイベント「FREEDOMMUNE 0 <ZERO>」でも展示されていた。

   だが、机の引き出し部分はなんと25年もの間「開かずの状態」だったというのだ。鍵を紛失していたため開けることができず、メーカーを探して合い鍵を作り、今回ようやく中身が明らかになった。ファンにとってはこれだけでも十分驚きなのだが、るみ子さんは、特別に中の一部をツイッター上に公開し始めた。

   「AKIRA」などのヒット作で知られる漫画家、大友克洋さんについて書かれたエッセイの手書き原稿に始まり、食べかけ状態の大好物なチョコレート、未完の遺作として知られる「グリンゴ」「ネオファウスト」の原稿の切れ端、1971年から放送されたアニメ「ふしぎなメルモ」の直筆原画など、貴重な資料やアイテムが続く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中