2018年 7月 20日 (金)

ルネサス、「さまざまな検討している」米アップルと子会社売却交渉めぐり

印刷

   半導体大手のルネサスエレクトロニクスは、液晶用半導体子会社の売却で米アップルと交渉しているとの日本経済新聞2014年4月2日付の報道について、「譲渡を含め、さまざまな検討をしているが、現時点で決定した事実はない」と発表した。

   売却を検討しているのは、ルネサスが55%を出資する「ルネサスエスピードライバ」。この子会社は液晶パネルの駆動に使い、画質を左右する半導体を開発、販売しており、アップルのスマートフォン「iPhone」に全面採用されている。

    日本経済新聞によると、アップルは、ルネサスが保有する同子会社の株式をすべて取得。取得額は500億円規模とみられ、関係会社を通じて買い取る案が有力視されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中