「AKB公式ライバル」乃木坂46の勢いが止まらない SKE、NMBのCD売り上げ抜いた!

印刷

   「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ「乃木坂46」が、ご本尊のAKBを本当に倒す日が近付いているかもしれない。

   新曲「気づいたら片想い」の初日売り上げ枚数が、AKB姉妹グループのSKE48、NMB48の新曲の初日売り上げ枚数をついに抜き去ったのだ。ファンは「乃木坂の時代が来た!」と大喜びしている。

初日で38.7万枚売り上げ、自己最高を更新

乃木坂46(13年7月撮影)
乃木坂46(13年7月撮影)

   「気づいたら片想い」は2014年4月2日発売で、前日の1日から流通していた。

   初日の売り上げ枚数は38.7万枚で、4月1日付のオリコンシングルデイリーランキングで初登場1位を獲得。13年11月発売の前作「バレッタ」の初日34.7万枚を4万枚も上回り、グループ最高記録を更新した。

   乃木坂は12年2月のデビュー以降、いわゆる「48グループ」には売り上げで差を付けられてきた。デビュー曲「ぐるぐるカーテン」は初日8.5万枚で、同時期に発売されたAKB48の「GIVE ME FIVE!」の96.7万枚、SKE48の「片想いFinally」の28.5万枚、NMB48の「純情U-19」の28万枚と比べると寂しい数字だった。13年3月には5枚目のシングル「君の名は希望」を発売したが、同時期発売のHKT48のデビューシングル「スキ!スキ!スキップ」の初日売り上げ枚数にも1000枚ほど足りなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中