2019年 8月 20日 (火)

テレビCMで有名な「DMM.com」、どんな会社? 幅広く事業展開しているが、売り上げ、利益は非公開

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元読売巨人軍の清原和博選手がこたつに入って「また2位か!」と、人気女性タレントのローラさんに怒ってみせるテレビCM。見たことがある人は多いはずだが、このスポンサーは「DMM.com証券」だ。

   同社をグループ会社に抱える「DMM.com」も含めて、そもそもいったいどんな会社なのか、と話題になっている。

DVD・CDレンタルや動画のネット配信が「基礎をつくった」

テレビCMだけでは、どんな会社なのかわからない…(画像は「DMM.com」のホームページ)
テレビCMだけでは、どんな会社なのかわからない…(画像は「DMM.com」のホームページ)

   その名前をテレビで見ない日はないのではないか――と思うほど露出度が増え、それに伴い認知度もアップしている。清原選手とローラさんが登場するテレビCMでは、「FX取引高 世界2位」「DMM.com証券」の名称が入るので、FX(外国為替証拠金)取引を扱う証券会社であることがわかるが、その一方では「ネットでできる英会話」としてPRしている「DMM 英会話」や、お笑いタレントのビートたけしさんを起用した「3Dプリント」と、およそ関連がないような事業が並ぶ。

   さらには、タレントの有吉弘行さんが「安い会社だな」とつぶやくテレビCMでは「DMM.com 半額キャンペーン」と、なにが半額なのかもわからない。

   そんなことから、DMM.comが「いったい何をやっている会社なのか、さっぱりわからない」と思っている人は少なくないだろう。

   調べてみると、DMM.comはFX事業や英会話事業、3Dプリント事業のほか、人気アイドルのAKB48グループなどの動画配信、電子書籍やパソコンソフト、DVD・CDの通信販売やレンタルビデオ、ビデオ・オン・デマンドなど。「半額」をうたっていたのは、DVD・CDなどのレンタル事業だった。

   また、レンタル事業ではファッションや生活用品、バイクや高級車までも借りることができる。

   まだある。太陽光発電事業や公営ギャンブル事業、社会支援活動や福祉活動を目的としたオークション事業、「恋活」にオンラインゲーム事業と多岐にわたっており、まるで「なんでも屋」のようだ。

   DMM.comは、

「DVD・CDなどのレンタル事業やインターネットでのアニメや映画・ドラマの動画配信などは、当社の基礎をつくってきた事業です。テレビCMを展開している事業は『柱』というより、力を入れている事業で、最近では3Dプリントやオンラインゲームなどです」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中