大阪・交通科学博物館が閉館 JR発足後最多の1万人訪れる

印刷

   JR西日本が運営を続けてきた交通科学博物館(大阪市港区)が2014年4月6日閉館し、1962年の開館から52年の歴史に幕を閉じた。最終日の4月6日には1万43人が訪れ、1987年のJR発足以降最多を記録した。開館以来の累計来館者は1811万3433人。

   JR西日本は2016年春に京都鉄道博物館(京都市下京区)の開館を目指しており、交通科学博物館の展示物の大半が移転する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中