中国「性都」の大規模摘発で経済損失発生

印刷

   「性都」と称される中国広東省東莞市で公安当局による売春摘発が行われた影響で、大規模な経済的損失が生じていると、2014年4月6日にロイター通信が報じた。風俗産業で推計30万人が働くという同市から人々が姿を消し、ホテルやカラオケバー、タクシー運転手などにも影響が出ているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中