原発事故後の福島沖で魚介類が大幅増

印刷

   東京電力福島第1原発の事故後、漁業の操業自粛が行われてきた福島県沖で、魚介類が事故前と比べて大幅に増えていると、2014年4月1日付の北海道新聞電子版が報じた。

   同紙は、函館市で開催された日本水産学会春季大会での報告をもとに、マダラが事故前の10倍超になったと伝えている。ババガレイやアカガレイなども激増しており、生態系への影響が懸念されるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中