2019年 11月 21日 (木)

森ガール、山ガールの次は「狩りガール」 狩猟にはまる女性が増加中!

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「森ガール(森にいそうな女の子をテーマにした、ゆるいファッションや生活を楽しむ女性)」、「山ガール(おしゃれに登山を楽しむ女性)」など、特定のジャンルにハマっている女性に対する「●●ガール」という呼称が定着して久しいが、また新たな「ガール」が登場した。

   「狩りガール」という。ゲームやファッションではなく、実際に山や森へ狩猟に出向く女性を指す。男性のイメージが強い狩猟だが、最近女性が増えつつあるというのだ。

「第1種銃猟免許」所持する女性の割合が増加

男性のイメージが強い狩猟だが…(写真はイメージ)
男性のイメージが強い狩猟だが…(写真はイメージ)

   環境省の発表によると、1975年度には51万8000人いた狩猟人口は、2010年度には19万人にまで減少している。このうち60歳以上が12万2000人で、人口減に加え高齢化という問題も抱えている。

   一方で女性の人口は少しずつ増えていて、装薬銃と空気銃を使用した猟ができる「第1種銃猟免許」所持者のうち女性の割合は、01年には0.5%に満たなかったのが、09年には0.7%に伸びている。

   大日本猟友会が運営する「目指せ!狩りガール」というサイトでは、女性が狩猟を始めるきっかけの一例として「食べ物に対する関心から、米や水、野菜、魚だけでなく、自分で納得できる〈肉〉と向かい合うライフスタイルを選んだ」「都市農村交流の中から野生鳥獣による食害・獣害を目の当たりにし、森林保護・環境保全に関心を持った」「山歩きだけでは物足らず、少しだけステップアップしようと思った」の3つを挙げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中