2019年 1月 17日 (木)

ランエボ生産終了、日経とNHKが破格の扱い 一時代を築いた名車「退場」に惜しむ声強く

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   日本経済新聞とNHKが三菱自動車のスポーツセダン「ランサーエボリューション」(ランエボ)の生産終了を相次ぎ報道し、ファンの間で波紋を広げている。

   ランエボは現行モデルの10代目(ランエボX)を最後に、次期モデルの開発が進んでいないことは自動車雑誌などが報じており、熱心なファンの間では既成事実となっているが、NHKが全国ニュースで取り上げるなど、破格ともいえる扱いだけに、一時代を築いたランエボの偉大さを改めて浮き彫りにした格好だ。

現行の10代目を最後に全面刷新はしない方向

20年以上愛される「ランエボ」(画像は「三菱自動車」商品サイト)
20年以上愛される「ランエボ」(画像は「三菱自動車」商品サイト)

   日経新聞は2014年3月29日付の朝刊で「三菱自動車はランサーエボリューションの生産を終了する方針を明らかにした。現行の10代目を最後に全面刷新はしない方向だ。同車で培った四輪制御技術などをプラグインハイブリッド車など主力のエコカーに生かす」と特報。「初代モデルは1992年の発売で『ランエボ』の呼び名でファンを得た。ライバルの富士重工業の『インプレッサ』と並び、ラリーで活躍したことで人気を高めた」と、生産終了を惜しんだ。

   NHKは同日の全国ニュースで、わずかにリヤを滑らせながらテストコースを疾走するランエボの迫力満点の映像とともに、「ランサーエボリューションは世界ラリー選手権で優勝を重ねるなど、国内外のレースで活躍した。世界で15万台余りを販売したが、ハイブリッド車などの人気に押され、売れ行きが落ちていることから、三菱自動車は7年前に発売した今のモデルで生産を終了する方針を固めた」と伝えた。NHKが自動車の現行モデルの生産終了をここまで詳しく報じるのは異例だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中