2019年 1月 18日 (金)

こまやかな日本の菓子が海外で絶賛 「猫ケーキ」、かわいすぎて「食べられない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本の菓子は、細やかなつくりや美しい見栄えで海外での評価も高い。和菓子だけでなく、ケーキをはじめ洋菓子も日本風デザインが人気だ。

   最近、手製のケーキやドーナツに「お菓子の猫」を乗せた写真を公開した日本人女性のブログに注目が集まった。交流サイト(SNS)や動画投稿サイトで、「かわいい日本のお菓子」を紹介する外国人もいる。

「日本のロールケーキ」の写真ばかりを集めたページも

海外で話題のかわいらしい「猫ケーキ」(写真提供:キャロラインさん)
海外で話題のかわいらしい「猫ケーキ」(写真提供:キャロラインさん)

   話題のブログは「キャロライン」さんと名乗る主婦が書いている。米ハフィントンポストが2014年4月3日付の記事で、ブログに掲載された「猫ケーキ」の写真の数々を取り上げた。

   ホットケーキの上に集うお菓子の猫たち。ていねいに「足跡」まで付けられている。別の写真では、ドーナツの穴の中から顔を出す猫や、ドーナツをまるでクッションのようにして仰向けに寝そべる猫など、種類や格好、表情がとにかく豊かだ。どら焼きの間に挟まった寝顔の猫も愛くるしい。

   こうした「猫菓子」を、キャロラインさんは「猫の日」とされる2月22日になると毎年披露している。猫は「練りきり」と呼ばれる生菓子だ。白あんと求肥(ぎゅうひ)でつくられており、食べることができる。

   記事には、読者たちからの称賛コメントが並んだ。「なんて素敵なの、全部欲しい」「ドーナツで遊んでいる猫が好き」「これほどかわいいと食べられないから、私、やせられるかも」。なかには「才能にあふれた芸術家の作品」と評価する声もあった。外国人の読者にも、写真を通して十分魅力が伝わったようだ。

   キャロラインさんに話を聞くと、「海外での思わぬ反響に、とにかくびっくりしました。こんなにも温かく評価していただき、ありがたく幸せです」と話した。「猫のお菓子」は娘の「ローラ」さんが主につくっている。家で猫を飼っており、その表情や仕草をデフォルメしつつ、猫らしさを失わないように工夫しているという。母と娘で一緒に菓子づくりを楽しんでいるが、最近になって突然海外からメールが届いたりツイッターで話題になったりしているのを知ったそうだ。

   日本の和・洋菓子ファンは海外にも少なくない。写真共有型SNS「ピンタレスト」には、日本の菓子の写真で彩られた「アルバムページ」がいくつもつくられていた。カタール・ドーハに住むあるユーザーは「日本のロールケーキ」の写真ばかりを集めたページを公開。キリンの体の模様をかたどったデザインや、ケーキを切るとパンダの顔が現れるような工夫をしたものなど、多彩なロールケーキが登場している。抹茶をモチーフにした生菓子の写真を多数載せているのは、フランス在住のユーザーだ。ケーキやソフトクリーム、ミルフィーユ、もなかと各画像からは抹茶の鮮やかな緑色が目に飛び込んでくる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中