2022年 5月 18日 (水)

羽生選手が特派員協会で「食の細さ」告白 「あんまり食事に興味ない…」に記者驚く

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ソチ五輪で唯一金メダルを獲得したフィギュア男子の羽生結弦(はにゅう・ゆづる)選手(19)が2014年4月24日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、応援してくれた人への感謝を述べた。スポーツ選手にとっては大切な食生活について聞かれると「あんまり食事に興味がなくて…」と食の細さを告白。記者を驚かせた。

   自らにスケート業界の人気が「一極集中」している現状に関する質問には、「ええーっ、そうですね…」と答えに窮する一幕もあったが、しばらく悩んだ末に「特別『僕が違う』という感じはない」といった「模範回答」にたどり着いていた。

「少しずつ汁物から入っていったり温めたり…」

日本外国特派員協会で会見する羽生結弦選手。終始笑顔を見せていた
日本外国特派員協会で会見する羽生結弦選手。終始笑顔を見せていた
「まだ僕自身あんまり食事に興味がなくて…。すみません。あまりご飯を多く食べられる方ではありません」

   元々食が細いことで知られていた羽生選手だが、食生活に関する質問に対する率直な反応に、記者からは驚きの声があがった。ただ、18年の平昌(ピョンチャン)五輪など今後の競技生活のために、少しずつ改善されてはいるようだ。

「(栄養指導を受けている)味の素さんに指導していただいて、胃の準備というか、食べる前に胃がびっくりしないように、少しずつ汁物から入っていったり温めたりだとかを指導していただいて、少しずつは食べられるようになりました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中