「インターネット・エクスプローラー」に脆弱性 ハッキング受ける可能性

印刷

   米国土安全保障省は2014年4月28日、脆弱性が見つかりハッキングを受ける可能性があるとして、米マイクロソフト社のブラウザ「インターネット・エクスプローラー(IE)」を使わないよう警告を出した。脆弱性が発見されたのはIE 6~11で、対象となるのはほぼすべてのWindows OS。更新プログラムが発表されるまでは、別のブラウザを使用するように呼び掛けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中