2019年 7月 17日 (水)

「千の風になって」が沈没事故の追悼曲になり韓国で大ヒット 収益を遺族に寄付したいが、大半が日本に流れる?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   韓国内で日本の名曲「千の風になって」が、旅客船セウォル号沈没事故の追悼曲に選ばれた。韓国で歌われる曲の収益金の全額が、被害者と遺族に寄付されると報道された。

   韓国で音楽配信が始まると「遺族にお見舞いがしたい」「たくさん聴かなきゃ」などと大歓迎され、韓国の音楽配信チャートで1位となる盛り上がりになっている。しかし、困った問題が持ち上がってしまった。作詞作曲をしたのが日本人のため、収益金の多くが日本に流れてしまい、寄付できるお金が僅かになってしまうのではないかというのだ。

韓国の5つの音楽配信サイトで1位の大ヒットに

   「千の風になって」は、作者不明のアメリカの詩に感動した作家でアーティストの新井満さんがそれをベースとして2001年に作詞作曲しリリースしたもの。日本音楽著作権協会(JASRAC)のデータベースを見ると、新井さん本人のほか国内海外含め92組のアーティストが歌っている。日本では06年のNHK紅白歌合戦でテノール歌手の秋川雅史さんが歌ったことをきっかけに大ヒットした。

   そんな「千の風になって」が「セウォル号惨事の追悼曲」として発売されると韓国で発表されたのが14年4月25日だった。歌うのはテノール歌手のイム・ヒョンジュさん(28)で、イムさんは09年に故金寿煥カトリック枢機卿と故盧武鉉元大統領への追悼曲としてこの曲をささげた過去がある。ただしこの時は著作権の問題で英語バージョンでしか歌うことが許されていなかった。交渉は続けられ新井さんが13年末に韓国語で歌うことを許可したということで、再発売と追悼が重なる形になったのだそうだ。

   「千の風になって」の韓国語バージョンは大歓迎されヒットチャートを駆け上っていった。イムさんは14年4月26日に自身のツイッターで、デビュー16年にして初めてBugsやCyworld Musicといった5つの音楽配信サイトのリアルタイム総合チャート1位を総なめにした、と報告し、

「遺族の方々に寄付できる金額が増えているということでもあり、聞いていただいた皆様には本当に感謝しておりますし、意義深い出来事だとも思っています」

と述べた。イムさんの所属事務所も時を同じくし、改めて「すべての音源収益を遺族に寄付する」と表明した。

   しかし、この時点ではこれから待ち受ける問題にイムさんも所属事務所も気が付かなかったようだ。というのは収益金がどのように配分されるのかについてだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中