2019年 7月 21日 (日)

「浜岡原発なくても黒字」 再稼働目指す中部電力の苦しい立場

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   中部電力は2014年4月28日、最終損益が120億円の黒字とする2015年3月期の連結業績予想を発表した。同時に発表した2014年3月期連結決算は653億円の最終赤字で、4期ぶりの黒字転換を見込む。今年5月からの電気料金の値上げ(家庭向け平均3.77%)の効果を反映した形だ。

   民主党政権時代に全面停止させられた浜岡原発(静岡県御前崎市)の再稼働は織り込んでおらず、原発なしでも何とかやっていけることが明らかになったとも言える。

老朽化した火力発電をやりくりして電気を供給

中部電力「浜岡原子力発電所の今、これから」WEBサイト
中部電力「浜岡原子力発電所の今、これから」WEBサイト

   「老朽化した火力発電をやりくりして電気を供給している。中長期的に今の状況が続く事は厳しい」。決算発表会見で中部電の水野明久社長は、値上げやコスト削減の深掘りによって原発なしで黒字化するものの、原発なしでは経営の先行きが厳しい、という趣旨の発言を繰り返した。

   「値上げしたのに赤字か」と言われても困るし、国のエネルギー政策上も「なんだ、原発いらないじゃないか」と言われるわけにもいかない、という苦しい立場を映し出した格好だ。

   ただ、燃料価格など先行きが不透明な中、2015年3月期の利益見通しを示したのは全国10電力中、中部電と原発を持たない沖縄電だけ。あえて中部電が公表したのは、「黒字」を示すことで金融機関との融資金利交渉を優位に進める狙いがあったとも見られている。

   もともと、中部電は電源に占める原発比率が15%程度と、全国の電力会社の中でもかなり低い部類に属する。東日本大震災後、全国の原発が停止し、各電力会社の供給能力がひっ迫する一方、火力発電の燃料コストがかさんで経営が悪化するなか、供給面でも財務面でも相対的には安定した会社だった。バブルに踊らず堅実な経営を続けた結果、安定した優良企業が多い東海地方の風土をも思わせる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中