2019年 8月 24日 (土)

「美味しんぼ」叩きに「疑問」の声 茂木健一郎「特別視する理由がわからない」松本人志「漫画家さんが神」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で連載中の漫画「美味しんぼ」の一部描写が東京電力福島第一原発事故を巡る風評被害を助長するとして批判を集める中、地方自治体が小学館に抗議したり、閣僚も記者会見で不快感を示したりと、騒動は大きなものに発展している。

   だが、こうした状況に疑問を投げかける著名人も出てきている。

茂木氏「右往左往する社会の方が問題」

   その一人が脳科学者の茂木健一郎氏(51)だ。茂木氏は2014年5月13日にツイッターを更新。「美味しんぼ」は原作者(雁屋哲氏)が強い信念を持って描いている漫画だと認識していると言い、「その延長線上で言えば、今回の福島の原発事故被害について、あのような表現をしても、意外ではないし、むしろ、ああ、おやりになるだろうなという印象しか、私は持たなかった」と、問題となっている描写は特に驚くものではなかったとの感想を述べた。

   その上で、風評被害につながるという批判には「一つの漫画の中で、福島の原発事故についてある見解が述べられたからと言って、右往左往する社会の方が問題」だとして、受け手側が情報リテラシーを持って総合的に判断すべきだと主張した。また、同作以上に原発事故の被害を指摘する言説は数多くあることから、「さまざまな主張が並立するのが民主主義社会というもので、『美味しんぼ』を特別視する理由が、私にはわからない」と、同作ばかりがバッシングされていることに疑問を呈した。

   映画監督としても活動しているお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん(50)は、「表現の自由」を主張する。11日放送のバラエティートーク番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演した松本さんは美味しんぼ騒動に言及する中で、作品はみんなで作るものではなく作者のものであるとして、「外部の人間がストーリーを変えろとかいうのは、ちゃんちゃらおかしな話なんですよ」とコメント。続けて「これに関しては漫画家さんが神、映画に関しては映画監督が神なんですよ」と指摘し、「周りがごちょごちょ言って変えろとか言うのは神への冒とく」とも語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中