2018年 7月 21日 (土)

ACミラン本田見せ場なく、チーム内で「孤立」 本当にワールドカップで大丈夫なのか、の声

印刷

   イタリア1部リーグ(セリエA)のACミランでプレー中の、サッカー日本代表本田圭佑選手が思うような結果を出せていない。前半だけで他の選手に交代されられたりベンチにいるだけで試合終了になったりすることもあり、派手な見せ場を作れていない。

   それだけでなくチームでも「孤立している」と言われ、開催を目前に控えたブラジルワールドカップでの活躍を心配する声もネットで出ている。

イタリアメディア「本田だけは火星から来た」

   本田選手が名門のACミランに移籍当初、各テレビ局は大きく扱った。NHKの朝のニュースで冒頭12分を本田選手のデビュー戦を取り上げるほどだった。2014年4月7日にはイタリアカップ5回戦でスペツィアを相手に、移籍後初となる公式戦でのゴールを決めたが、それ以降は華々しい活躍をすることはほとんどなく、現地メディアでは叩かれることも少なくない。

   厳しいイタリアの新聞による評価について、4月18日の日刊スポーツのインタビューで、

「楽しんでます。イタリアのメディアはこういう風に批判するんだと。批判の仕方が違うだけで日本のメディアとそう変わらないと思います。選手である以上、結果を求められるのは当然ですから」

と答えていた。

   5月4日に行われたミラノダービーでもベンチ入りのまま出場機会がなく、日本人が期待した長友選手との直接対決は実現しなかった。悔しさを発散するためなのか、試合後に一人でピッチに戻ってひたすら走り込むトレーニングをする姿が目撃されている。

   また試合に出たときも他の選手とのコミュニケーションが少なく、「孤立している」という指摘がある。地元紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」が「チームメイトは金星から来て、本田だけは火星から来た」と評したこともあった。本田選手自身も「孤立」を自覚しているようで、

「昔、日本代表でとっていた行動と一緒ですよね。俺は(ミランで)孤立している。あえてね」

と5月16日の日刊スポーツインタビュー記事で語った。

元ACミラン選手も酷評

   本田選手の発言に対してネットでは、

「サッカーってチーム戦でしょ?」
「W杯大丈夫なんかな」
「まずセリエAでも日本代表でもいいからその言葉に見合った活躍して欲しいよね。ただ言えるのは、長友はチームメイトとうまくやってるんだよな…」

と困惑する感想が書き込まれている。本田選手はブラジルワールカップ大会での活躍が期待されているだけに、最近の不調を心配する意見がたくさんある。

   元ACミランの選手も本田選手を酷評していることもファンの不安を煽っている。イタリア代表も務めたアレッサンドロ・コスタクルタ氏は16日掲載の「webスポルティーバ」の記事で、

「セリエAでプレーできる水準の選手ではない」「イタリアへ来て最初の2試合を見たうえで、僕はこう述べていた。『僕がいた当時のミランであれば、本田はペットボトルを運ぶ役さえも与えられなかっただろう』」

とまで言い放っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中