ASKA、覚醒剤所持容疑で逮捕 13年には薬物中毒報道も

印刷

   警視庁は2014年5月17日、男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(56)を覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕した。宮崎容疑者は容疑を否認しているという。

   宮崎容疑者をめぐっては、週刊文春が13年8月8日号で薬物中毒疑惑を指摘。その後、宮崎容疑者は同誌のインタビューで、覚せい剤ではなく「安息香酸ナトリウムカフェイン」、通称「アンナカ」と呼ばれる劇薬指定医薬品を服用していたと主張していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中