2018年 8月 15日 (水)

日本が「2014年世界競争力年鑑」で韓国を逆転

印刷

   スイスの有力ビジネススクールのIMD(経営開発国際研究所)が2014年5月22日に発表した「2014年世界競争力年鑑」によれば、日本は2年連続の上昇で総合順位21位となり前年より3つ上がった。韓国は総合順位を前年より4つ下げた26位で、韓国の聯合ニュースは「日本に逆転許す」などと大きく報じた。

   調査対象国は60国で、1位は米国、2位はスイスで前年と変わらず、13年に5位のシンガポールが3位だった。日本がランクを上げたのは「国際貿易」「雇用」、政府の効率性などを評価する「行政組織」が評価された。ただし「国際投資」「健康と環境」は評価を下げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中