「おい『すき家』が店名隠して求人してるぞ!」 ネット上の憶測に、すき家「委託では当たり前」と困惑

印刷

   人手不足が深刻化しているゼンショーグループの牛丼チェーン「すき家」が、「店名を隠して求人をかけているのでは」という憶測がインターネット上で流れている。

   指摘されているのは、2014年5月15日に「タウンワーク」のサイトに掲載された求人情報ページだ。求人を行っているのはある人材派遣会社で、24時間営業の「大手レストランチェーン」のスタッフ募集だとうたっている。

「後ろめたいから名前を隠してる」

確かに求人ページに「すき家」の文字はないが…
確かに求人ページに「すき家」の文字はないが…

   ページには店名はもちろん、料理ジャンルも記されておらず、サイトの情報を見る限りでは応募者がどのようなレストランで働くことになるのかは分からない。だが、勤務地欄で紹介されている首都圏10店舗の住所を調べてみると、すべてが「すき家」店舗の住所と一致する。

   「すき家」といえば、かねてから店の仕事をひとりで回す「ワンオペ(ワンオペレーション)」と呼ばれる勤務体制が蔓延するなど、厳しい労働環境が指摘されていた。特に3月ごろからは、仕込みに手間のかかる鍋メニューが導入されたことも重なって人手不足が深刻化。閉店や営業時間の短縮に追い込まれる店舗が相次いだ。

   ネット上では一連の閉店劇を「鍋の乱」と呼ぶなど関心が高まっていただけに、この求人ページが見つかると「『すき家』の名前を出すと人が集まらないから、こうした形で募集しているのではないか」という憶測が相次いだ。

   「100人の大量募集」「勤務地は東京、神奈川、埼玉、千葉エリアを中心に800店舗」という大がかりな求人内容や、「接客から調理・レジなど、店舗全体のお仕事をお任せ」というワンオペレーションを示唆するような仕事内容も注目を集めた。中には「後ろめたいから名前を隠してるとか、そんなレベルじゃねーなコレ」「なぜ、そんな卑怯なことをするのか」などという厳しい意見まであった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中