「押し入れに眠るブランド品」全国総額15兆円か コメ兵が試算

印刷

   中古品販売大手のコメ兵(名古屋市)は2014年5月19日、「家の押し入れに眠っているブランド品」総額の試算を発表した。

   所有するブランド品のうち、もう使わなくなってしまったものの購入価格は1人あたり平均約16万円で、日本の人口から推計すると、全国で総額約15兆円が眠っている試算となった。

   同社が14年3月25日から26日にかけて、20歳以上の男女1000人を対象にインターネットで実施した調査結果をもとに試算した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中