「トワイライトエクスプレス」、15年春で引退 客車の老朽化進む

印刷
運行終了が決まった「トワイライトエクスプレス」(JR西日本提供)
運行終了が決まった「トワイライトエクスプレス」(JR西日本提供)

   JR西日本は2014年5月28日、大阪駅と札幌駅を結ぶ豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」の運行を15年春で終了する発表した。トワイライトエクスプレスは旧国鉄の客車を改造して1989年にお目見えしたが、老朽化が進んだだめ存続を断念した。

   トワイライトエクスプレスの運行区間は1495.7キロで、日本の列車では最長だった。

   北海道新幹線開通に向けた青函トンネルの改修工事でダイヤ変更を余儀なくされることも、引退を後押しした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中