韓国の病院火災で21人死亡 認知症患者による放火の疑い

印刷

   旅客船「セウォル号」の沈没や地下鉄の衝突、バスターミナルビルの火災と被害の大きな事故が続く韓国で、今度は高齢者用の病院で火災が発生した。2014年5月28日未明、南西部の全羅南道にある病院から出火し、認知症患者ら21人が死亡した。

   病院には高齢で体の不自由な患者が多く、火事により建物に充満した煙にまかれ、逃げ遅れて被害が拡大したものとみられる。現地警察は、認知症の80代の男性患者が放火した疑いがあるとして逮捕した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中