2018年 8月 20日 (月)

韓国の病院火災で21人死亡 認知症患者による放火の疑い

印刷

   旅客船「セウォル号」の沈没や地下鉄の衝突、バスターミナルビルの火災と被害の大きな事故が続く韓国で、今度は高齢者用の病院で火災が発生した。2014年5月28日未明、南西部の全羅南道にある病院から出火し、認知症患者ら21人が死亡した。

   病院には高齢で体の不自由な患者が多く、火事により建物に充満した煙にまかれ、逃げ遅れて被害が拡大したものとみられる。現地警察は、認知症の80代の男性患者が放火した疑いがあるとして逮捕した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中