2020年 1月 19日 (日)

ジム通いで「もうすぐ腹筋割れそう」 安倍首相、「肉体大改造」が進む?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   就任当初は持病の再発リスクがささやかれていた安倍晋三首相が、ハードスケジュールをこなし続けている。そんな中でも継続的に通っているのが六本木のジムだそうだ。永田町界隈では、「そろそろ腹筋が割れそう」などと成果を披露しているとの情報も流れている。

   上半身裸で釣りを楽しむ写真が話題を呼び、高支持率を維持しているロシアのプーチン大統領になぞらえて、安倍首相の「プーチン化」が進行しているとの声もささやかれている。

月1回のペースで外遊続ける

安倍首相の「プーチン化」は進むのか
安倍首相の「プーチン化」は進むのか

   安倍首相は2012年12月の第2次内閣発足以降、月に1回以上のハイペースで外遊に出かけており、歴代内閣では最も頻度が高い。5月30日にはシンガポールを訪問してアジア安全保障会議(シャングリラ対話)で基調講演。滞在中にはカジノを2か所視察し、リー・シェンロン首相との首脳会談をこなして5月31日夜に帰国するという強行軍だった。

   このようなタイトなスケジュールでも安倍首相がこだわっているのがジム通いだ。行きつけは六本木・グランドハイアット東京の「nagomi スパ アンド フィットネス」で、平均すると月に1~2回のペースで通っている。シンガポールから帰国して一夜明けた6月1日にも3時間ほど汗を流している。

   安倍首相は3月21日にフジテレビの「笑っていいとも」に出演した際、ジム通いの効能を語っている。番組中の発言によると、

「運動不足になると精神的にもよくない。運動して汗を流すと、ストレスも流れる」

そうで、ストレスがたまるとマイナス思考が進んで国政にも影響するとも説明。ゴルフについても、

「精神的にも常にリフレッシュできているという感じがある」

などと話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中