2019年 9月 17日 (火)

セルビア洪水で在京大使館が寄付呼びかけ 「震災の恩返しを」と9000人が応じる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ヨーロッパ東南部のバルカン半島が「100年に1度」ともいわれる大洪水に見舞われ、多くの道路や住宅が流される被害が出ている。特に被害が大きいのがセルビア共和国で、国際社会に支援を求めている。

   在京大使館も募金の受付を始めたところ、「震災で多額の義援金を送ってくれた親日国に恩返しを」とばかりに、寄付の呼びかけが広がっている。大使館側がクレジットカードでも寄付できるようにしたこともあって、募金をした人は少なくとも9000人にのぼっている。

わずか数日で3か月分の雨量に匹敵

首都ベオグラードの近郊、オブレノヴァツ市の洪水被害の様子(在京セルビア大使館のウェブサイトより)
首都ベオグラードの近郊、オブレノヴァツ市の洪水被害の様子(在京セルビア大使館のウェブサイトより)

   バルカン半島では2014年5月13日から数日間にわたって豪雨が降り続き、その雨量はわずか数日で3か月分に匹敵するほどだった。5月22日時点で2万5000人が避難を余儀なくされ、約30万世帯で水や電気を使えなくなった。少なくとも17人が死亡し、セルビアは5月21~23日の3日間にわたって喪に服した。

   現地では救援物資をはじめとした支援を必要としており、在京セルビア大使館は5月20日に募金を受け付けるページを開設した。直後から、ネット上では支援をよびかける声が広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中