横浜でマンションが傾く施工ミス 住民に転居呼びかけ

印刷

   住友不動産が2003年に販売した横浜市西区のマンション「パークスクエア三ツ沢公園」に施工ミスがあったことがわかった。同社は住民に転居を呼びかけていて14年6月から一部の住民が引っ越しを始めている。

   施行ミスは全5棟あるうちの1棟で、建物を支えるくいの長さが足りずにマンションがわずかに傾いてしまった。この棟には約60戸が入っている。施工業者は熊谷組で、他の棟も問題がないか調査を進める予定になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中