2019年 6月 18日 (火)

元タカラジェンヌのオタクっぷりにネット驚き 初音ミク姿でオタ芸、地下アイドルのオーディション受験も

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   宝塚歌劇団出身のタレント、彩羽真矢さん(30)の「オタクっぷり」がインターネット上で注目を集めている。

   2014年6月8日放送のバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演した彩羽さんは、初音ミクのコスプレ姿でオタ芸を披露。地下アイドルのオーディションを受けたことも明かし、タカラジェンヌのイメージとかけ離れたキャラクターで出演者陣を驚かせた。

ブログでセーラームーン、綾波のコスプレ披露

ブログではコスプレを披露することも(画像は彩羽真矢さん公式ブログのスクリーンショット)
ブログではコスプレを披露することも(画像は彩羽真矢さん公式ブログのスクリーンショット)

   彩羽さんは2004年、90期生として宝塚歌劇団に入団した。168cmの高身長を生かし、宙組の男役として活躍。08年に退団してからは関西地方を中心にタレント活動をしている。

   宝塚出身者といえば、男役では大地真央さん(58)や天海祐希さん(46)、真矢みきさん(50)、娘役では黒木瞳さん(53)や檀れいさん(42)などがおり、皆、女優として活躍しているのだが、彩羽さんが目指しているのはあくまで「コスプレアイドル」だという。

   8日の「有吉反省会」では「私、彩羽真矢は、宝塚歌劇団出身であるにも関わらず、本気でコスプレアイドルを目指し所属事務所に迷惑をかけていることを反省しにやって参りました」として、司会の有吉弘行さん(40)の前で「懺悔」した。

   自身のブログでは、これまでにも「オタク気質」を明言していたが、今年4月に「30才を皮切りに、自分のやりたい事を思いっきりやって行く事、殻を破って自分らしい姿を見せて行く事を決めました!」と宣言して以降は気持ちが吹っ切れたのか、幼少期から大好きだという「美少女戦士セーラームーン」や、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイなど、プライベートで楽しんでいるコスプレ写真も公開している。

   しかし、モデル・女優としての活動を期待している事務所側は困惑気味のようで、番組では担当者が「ブログをみて指導とかはしてるんですけど、コスプレの写真とかを頻繁にあげてしまってまして、暴走してますね。女優としてプッシュしづらい」と語っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中