2018年 11月 14日 (水)

原発関連文書に「検索対策疑惑」持ち上がる 「ロ」を「口」、「力」を「カ」に細工したのか

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   インターネット上で原発関連の情報を検索する際、正しい語句でなく一部を「当て字」にすると、通常の検索では上位に表示されない文書が続々と出てきたと、ネット掲示板やツイッターで報告された。

   例えば「ストロンチウム」の「ト」を漢字の「卜(ぼく)」に、「ロ」を漢字の「口(くち)」に書き換えて入力する。「誤表記」にもかかわらず、実際は東京電力や原子力規制委員会、各自治体の文書が並んだ。「不都合な情報を隠すため、当局がわざと文字を置き換えたのではないか」という疑いも出ている。

東電や原子力規制委員会が公表しているPDF文書が続々

事故当時の東電福島第1原発1~4号機
事故当時の東電福島第1原発1~4号機

   原子力という語句の「力(りょく)」をカタナカの「カ」に換えて検索したら驚きの結果になった――。2014年6月8日ごろから、ネット上にこんな内容が書き込まれた。

   グーグルで「原子力」と検索すると、トップ画面にはウィキペディアのリンクや「原子力のニュース検索結果」、独立行政法人日本原子力研究開発機構といった項目が並ぶ。ところが最後の1文字を変えて「原子カ」とした場合、結果はまるっきり変わるのだ。中部電力の「原子力安全推進協会取り組み 仕組み ミッション」の文書をはじめ、「平成25年度原子力の安全規制の最適間に関する研究会」「原子力安全規制の転換」「志賀原子力発電所1号機の臨界事故」と、正しく「原子力」と入力した際には最初に出てこなかった見出しが次々に並んだ。

   新潟県の東京電力柏崎刈羽原発について調べる際も、「当て字」を入れると全く別の結果が出る。「柏崎」を「ネ白崎」や「木白崎」と「柏」の部分を変えて検索した場合、「原子力」のケースと同じように東電や原子力規制委員会、新潟県がネット上に公表しているPDFの文書が続々と現れた。本来であれば誤字による検索なのに、なぜ検出されるのだろうか。

   原子力規制委員会のウェブサイトにも、奇妙な表記があったという。ワーキンググループの配布資料をダウンロードできるリンクの見出しのひとつに、放射性物質のひとつ「ストロンチウム」の表記がある。ところが、カタカナの「ト」が漢字の「卜」に、「カタカナの「ロ」が漢字の「口」に、それぞれ置き換わっていたとネットユーザーが発見した。現在では修正されているが、ユーザーが保存した当時の画面の画像をみると、確かに2文字には若干の違いが見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中