2019年 7月 22日 (月)

ヤフー社員が自社記事を「しょーもない」 執筆者が激怒、会社から厳重注意を受ける

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   ヤフーの社員が自社ニュースの記事を「しょーもない」とフェイスブックを通じて批判したところ、記事執筆者が怒って投稿を止めると宣言する騒ぎになっている。ヤフーでは、この社員を厳重に注意したことを取材に明らかにした。

   ヤフー・ニュースでは、ジャーナリストやブロガーらが「個人」の項目に記事を寄稿している。

永江一石さんが記事の執筆を止めると怒る

ヤフー・ニュース上で宣言
ヤフー・ニュース上で宣言

   今回、記事を執筆したのは、ブロガーとして知られるITコンサルタントの永江一石さんだ。永江さんは、2014年6月6日に「白鵬を『日本人みたいだ』というのは失礼すぎると思う」というタイトルで書いた。

   記事では、優勝の一夜明け会見を欠席したわけをブログで説明した白鵬について、「素晴らしい。まるで日本人のようだ」と称賛することへの違和感を明かしている。批判を覚悟で妻をかばえるような日本人はいないのでは、というものだ。

   これに対し、ヤフーでサービスマネージャーをしている男性社員が、フェイスブックを通じてコメント欄に「しょーもない記事だ」と書き込んだ。永江さんは驚いて、「は?Yahoo!の人がYahoo!に書いたのをしょーもないと??」とコメントを返した。しかし、この社員はさらに、「個人の見解です。実にしょーもないですね」と批判を続けた。

   永江さんは発言に怒って、「こういう人がいる会社とつきあいたくないのでYahoo!のオーサーやめますわ」と記事のコメント欄で宣言した。社員が「繊細な人だ」と言うと、「あなたの社会常識を疑うよ」と反論した。

   翌7日には、こうしたやりとりを理由に、ヤフーへの投稿を止めることを明らかにした別の記事をヤフー・ニュースにアップした。

   そこでは、何が「しょーもない」のか言わなければヘイトコメントでしかないとして、「勤務先と役職を一般公開してのコメントですから社会常識では『個人的な』では済まないでしょう」と書き込みを批判している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中