2020年 10月 20日 (火)

子供が反抗すると「死んじゃえ」と顔に唾吐く 水沢アキ「毒親の過去」に視聴者ドン引き、怒る

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   自分の子供を肉体的、精神的に虐待し、心に傷を負わせるような親のことを「毒親(どくおや)」と呼ぶ。女優の水沢アキさん(59)もその1人だったことがテレビ番組で明らかになり、お茶の間に衝撃が走った。

   「自分も努力した」「息子は母親への感謝が足りない」などと言ったことに怒りを覚えた人が多いようで、ネット上では非難の声がやまない。

不動産投資に失敗し6億5000万円もの借金を

   2014年6月9日放送の「私の何がイケないの?」(TBS系)では、水沢さんと息子の問題が「番組史上最悪の親子の確執」として紹介された。

   番組ではまず、水沢さんの息子・ジュリアンさんが暮らす米ニューヨークを訪れ、取材した模様をVTRで放送した。

   ジュリアンさんは現在、ラーメン店「一風堂」でアルバイトしながら俳優として活動している。高校卒業と同時に渡米し、ブラウン大学を経てニューヨーク大学の大学院演技部を首席で卒業したが、現在は月10回オーディションを受けてもなかなか配役に恵まれない生活を送っている。それでも母の水沢さんを頼ったり、相談したりしない。

   水沢さんは1986年、米国人のガイ・スィーヒさんと結婚、ジュリアンさんと娘1人をもうけたが、ジュリアンさんが6歳の時に離婚した。それから1年後、不動産投資に失敗し6億5000万円もの借金を背負った。

   返済のため馬車馬のように働く。そのストレスはいつしか子供に向けられるようになっていった。ジュリアンさんは当時を振り返り「当時はとにかく泣いてました。全てがトラウマですよ」と語る。

   毎日罵声を浴びせられ、殴る、蹴る、物で叩くといった暴力も受けた。「悪魔っすよもう。地獄。地獄にいる感じでした」。それでも自分が悪いと思い込み、反抗できなかったそうだ。

   高校生の時、初めて「うっせーな!」とたてついたという。それに対し水沢さんは何と、「あんたなんか死んじゃえばいいのに!」と激怒、顔に唾を吐きかけたというのだ。

   嫌な思い出を抱えたまま渡米し、取材では「母親と会話もしたくないし会いたくない」と言い切ったジュリアンさんだが、「そろそろ(母と)こういう(過去の)話をしてもいいかな」と思ったそうで、スタジオに登場。水沢さんと久々の対面を果たした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中