椎名林檎のNHKサッカーテーマ曲「NIPPON」は「右翼的」? 「別に普通」「神風特攻隊を連想させる」ネットで議論に

印刷

   FIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕が間近に迫る中、2014年のNHKサッカーテーマ曲に選ばれた歌手・椎名林檎さんの新曲「NIPPON」を巡り、インターネット上で議論が起きている。

   歌詞に「右翼的」な部分があるなどとして、一部ネットユーザーから指摘が出ているためだ。

「この地球上でいちばん混じり気の無い気高い青」は純血思想?

   「NIPPON」はNHKサッカー放送のために椎名さんが書き下ろした作品で、W杯中継をはじめ、同局のサッカー関連番組で広く使用される。楽曲は「万歳!万歳!日本晴れ」という歌詞から始まる、「勝負の時」に勝ちに行こうとする強い意志が表現された高揚感のあるロックナンバーだ。ミュージックビデオでは着流し姿のバンドメンバーに囲まれながら、ギターを掲げてシャウトする椎名さん迫真のパフォーマンスが披露されている。

   YouTubeで公開されている動画のコメント欄には「いいね!テンションがあがります!」「日本が元気になる曲」「サイコーの応援ソングです!」などと、好意的な意見がいくつも寄せられている。

   だがその裏で、楽曲を聞いた一部ネットユーザーは、曲に含まれている歌詞内容に着目し、「歌詞がところどころ猛烈にマズい」「これはある種、特攻の歌だよね?」などといった批判的な見方を示している。

   彼らの指摘は「この地球上でいちばん混じり気の無い気高い青」という歌詞は「純血思想」を想起させ、「不意に接近してくる淡い死の匂い」歌詞は「神風特攻隊を連想させる」といった具合だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中