2018年 8月 21日 (火)

W杯コートジボワール戦 瞬間最高視聴率50.8%

印刷

   サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本対コートジボワール戦が行われた2014年6月15日(日本時間)、生中継したNHK総合の瞬間最高視聴率は50.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

   試合開始直前から前半に相当する9時45分から10時59分までの平均視聴率が42.6%、後半に相当する10時59分から0時3分までが46.6%となった(いずれも関東地区)。瞬間最高視聴率が出たのは後半42分、香川真司選手に代わって柿谷曜一朗選手が投入された場面だった。

   コートジボワール戦では、前半に本田圭佑選手が先制点を決めたものの、後半では立て続けに得点を許して1-2に終わり、日本は黒星スタートとなった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中