小保方研究室から「ES」ラベルの容器見つかる 理研が調査へ

印刷

   理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが使っていた研究室の冷凍庫から、ES細胞を思わせる「ES」とラベルを貼った容器が見つかっていたと、各マスコミが2014年6月16日に報じた。

   冷凍庫に入っていた細胞を分析したところ、小保方氏がSTAP細胞だとして共同研究者の若山照彦山梨大学教授に渡したものと遺伝子の特徴が一致したことも分かったという。これだけで、STAP細胞がES細胞だったと断定はできないものの、理研が今後さらに調査する見通しになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中