河野談話検証結果、求めあれば韓国にも説明

印刷

   いわゆる従軍慰安婦の募集に旧日本軍が関与していたとする1993年の河野談話の検証作業について、菅義偉官房長官は2014年6月16日夕方の会見で、検証結果について韓国から説明を求められた場合には「申し出があれば、当然そうなる」と述べた。

   報告書取りまとめの時期については「(6月22日が会期末の)今国会中」と話しており、20日には国会に提出される見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中