2019年 11月 21日 (木)

サッカーW杯での日本サポーターのゴミ拾い 「マナー違反」「掃除人の仕事を奪った」、ネットで議論

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会で日本がコートジボワールに1―2で敗れた後に日本人サポーターがスタジアム内のゴミ拾いをした、この様子が写真付きで伝えられると、世界中から「礼儀正しい」「日本を尊敬する」などと褒め称えられたと報道されたが、実はこの行為「迷惑行為であり」やってはいけない事だった、そう指摘する記事が出た。

   ゴミを拾う職業がありその人から仕事を奪うことになった、というのだが、ネットでは「自分が汚した場所を掃除して何が悪い!?」などと批判が起こりちょっとした「炎上」騒ぎになっている。

親切心からでも他人の領域に手を出してはならない

ゴミ拾いは迷惑行為?(写真はイメージ)
ゴミ拾いは迷惑行為?(写真はイメージ)

   話題になっているのは通信業界のニュースサイト「WirelessWire News」の2014年6月17日付けにイギリス在住の情報通信コンサルティング、谷本真由美さんが寄稿した記事で、日本人サポーターの取った行為は日本人として大変誇らしく思えるエピソードであり、自分もイタリアで暮らしていたときにはゴミを持ち帰ったり、セルフサービスの店では食器などを所定の場所に戻していた、という。しかし、ボリビア人とイタリア人の同僚に「他人の仕事を奪ってはいけない」と怒られたのだという。

   ゴミ拾いや食器を下げる担当者がいるからで、マナーを守っていたつもりの自分は、他人の仕事を奪う「マナー違反者」だった、と書いた。親切心からの行為でも、他人の領域に手を出す人は非難される。同じようにサッカースタジアムにはゴミ拾い担当がいる。ファンがゴミを拾ってしまったら、彼らの仕事はなくなってしまう。他の国の人々がなぜゴミを拾わないのかにも理由がある、とした。

   この主張にネットでは「日本の文化や習慣を貶める記事を書くな!」「スタジアムの一角を掃除しただけじゃないか」などと批判が起きちょっとした「炎上」騒ぎになっている。記事の下にあるコメント欄には、

「マナーと仕事の話を無理矢理結びつけて信憑性がないと感じる」
「ごみを捨てる人が『雇用を作る人』と称賛されるわけでもない」
「試合後のゴミ拾いが褒められても批判されていないのはなぜでしょう?」

などといった意見がある一方で、世界には日本では考えられないことが仕事になっている場合もあるだろうし「世界の価値観を柔軟に受け入れることが大切だと思う」と賛同する意見もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中