2018年 7月 22日 (日)

脱税騒動に「倍返しで払ったよ。ネトウヨごちゃごちゃ言うな!」 茂木健一郎ツイートがまた非難浴び、削除して謝罪

印刷

   歯に衣着せぬツイートでよくネットユーザーの的になる、脳科学者の茂木健一郎さんのツイートが、またしても炎上騒ぎを起こしている。

   過去の脱税についてネチネチ責められ「ネトウヨの馬鹿どもがうるさい!」などと怒ってしまったのだが、「脱税を反省してないのか」などと批判が相次いでいる。

「ネトウヨは頭も性格も悪い。マジむかつくわ」

   茂木さんは2009年11月、東京国税局から08年までの3年間で約4億円の所得の申告漏れを指摘されていたと報じられた。真相は不明だが、税務署から申告を求められても行わず、税理士に税務処理を依頼することもなかったとされている。報道の時点で無申告分の納税は済んでいて、その後無申告加算税分も納付した。

   そのせいで茂木さんあてには、茂木さんの「アンチ」とみられるツイッターユーザーから執拗に「脱税してた守銭奴君」「お花畑脳科学者(脱税者)」「脱税した人間が、他者に意見を言う資格はない」といったリプライが、問題発覚から4年半以上経っても寄せられ続けていた。

   とうとう茂木さんの堪忍袋の緒が切れてしまったのが14年6月19日。以下のツイートを投稿した。

「ネトウヨの馬鹿どもが、脱税脱税って秋の虫みたいにうるさいから書いとくがな、オレが申告してなかったのは悪いよ。謝る、ごめんな。でも、倍返しでたくさん払ったんだよ。ものすごく損した。その後も毎年たくさん納税して、国家の財政に貢献している。お前らにごちゃごちゃ言われる筋合いはない!」
「ほんと、ネトウヨは頭が悪いだけじゃなくて性格も悪くて、マジむかつくわ。武士道も何もあったもんじゃない」

「しばらくメンション読まない」宣言も

   このツイートが、さらに茂木さん嫌いの人々の批判に火をつけてしまった。

「最悪です。この居直りは最悪ですよ」
「『倍返しでたくさん払った(損した)』って、お前バカか!重加算追徴課税を喰らうのは、悪質な脱税者への制裁ではないか」
「『損した』って認識って、『バレなきゃ得した』ってことですよね?」
「万引きして代金払ったから問題ねーだろって言ってんのと同じww」
「脱税は武士道どころか、人道から外れてると思うが」

といった批判リプライが大量に寄せられる事態となった。

   茂木さんは問題のツイートから約6時間後、「不適切で誤解を招くツイートをしたことをおわびします。当該ツイートは、取り消しました」と投稿。その後、

「ごめんなさい。精神衛生上、しばらく、@メンション(編注:特定の『@ユーザー名』を含むツイート)読みません。このことに関連して、まとめの方へのお礼ができないので、連続ツイートもお休みさせていただきます。みなさま、よい毎日を!」

とし、他のツイッターユーザーからの反応をしばらく見ないと宣言した。

   一方で、佐賀新聞社の中野星次記者が6月20日に投稿した「茂木さん@kenichiromogi、お忙しい中、ありがとうございます!」というツイートには公式リツイートで反応していて、一部のメンションは見るようにしているのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中