AKB峯岸みなみ 「腎のう胞」でしばらく休養

印刷

   AKB48の峯岸みなみさん(21)が「腎のう胞(じんのうほう)」を患っていることが、2014年6月20日に発表された。

   運営の公式ブログによると、峯岸さんは20日の劇場公演を体調不良で休み、病院で検査した結果、腎のう胞と診断されたという。峯岸さんはしばらく治療に専念する。

   腎のう胞は腎臓にできるいわば「水ぶくれ」で、球状の袋に液体が入る。ほとんどの人は症状がないが、大きくなると腹痛や背部痛、血尿などの症状が出る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中