2018年 5月 28日 (月)

ザッケローニ監督、退任表明 「責任はすべて私にある」

印刷

   サッカーワールドカップブラジル大会で日本代表の1次リーグ敗戦が決まり、アルベルト・ザッケローニ監督(61)は2014年6月25日、イトゥで会見を行い、「責任はすべて私にある。私はこの代表を離れなければいけない」と監督退任の意向を示した。

   ザッケローニ監督は2010年に就任。11年のアジアカップでは優勝したが、ワールドカップでは2敗1分けのグループ最下位に終わった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中