2020年 9月 23日 (水)

サンリオ総会で10歳女の子が堂々意見 「優待はタオルでなくぬいぐるみを!」に社長前向き

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   サンリオの株主総会であった、10歳くらいの女の子の発言がインターネットで話題を呼んでいる。

   サンリオは、女児に人気の「ハローキティ」や「マイメロディ」といったキャラクターグッズの販売やショーの公演、サンリオピューロランドの運営などを手がける。その株主総会の質疑応答で、女の子はすっくと立ち上がり、辻信太郎社長に堂々と意見した。

ほんわかムード「サンリオならではの光景かも…」

株主総会で10歳くらいの女の子が、辻社長に意見?(画像はサンリオのホームページ)
株主総会で10歳くらいの女の子が、辻社長に意見?(画像はサンリオのホームページ)

   サンリオの株主総会は2014年6月26日、東京・多摩市内で開かれた。質問した10歳くらいの女の子について、サンリオは「年齢を確認しているわけではないので、詳しいことはわかりませんが、株主番号や出席番号とお名前をきちんと述べられたうえで、議長が指名したので、手続き上もなんの問題もなかったです」と話している。

   サンリオは毎年、株主総会の当日にピューロランドを株主に開放しており、「株主が小さなお子さんを連れて(株主総会に)出席することはよくあることです」という。

   この日は平日なので、女の子は学校を休んで出席したことになるが、おそらくは父親が社会勉強のつもりで連れて来たと推察される。

   女の子の発言は、株主総会に出席していた株主がツイッターで明かした。「(株主)優待がタオルばっかりなのでタンスに入りきれなくなりました。わたし的にはぬいぐるみがいいです!と堂々と社長に訴えみんなから拍手喝采貰ったのがハイライト」と、つぶやいた。

   それまで会場を覆っていた張りつめた空気は、女の子の発言で一変。ほんわかムードが漂った。ツイートした株主は、「(いっしょに来ていた父親に)何も聞かず正式な質疑ルール通りに発言してて凄かったわ」と、女の子の態度が立派だったとも書いている。

   一方、「小さな株主」の意見に、辻社長もきちんと「次回はぬいぐるみやりたいです。やらせましょう」と前向きに答えた。

   インターネットには、

「うーん、これいいな~。(^^)ほのぼのする」
「サンリオならではの光景かも… 確かに優待専用のぬいぐるみとかのほうが喜ばれるかもしれませんよね」
「子どもの意見だからってなめてかかってないところがさすがアミューズメントって感じするな」

などと、辻社長とサンリオへの好感度もアップしているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中