2019年 5月 24日 (金)

イチロー約2億円で売りに出されていた 「ハッカー」の仕業で極秘文書流出、トレード話発覚

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   米大リーグのニューヨーク・ヤンキースが450万ドルも肩代わりする形で、イチロー外野手(40)のトレードを画策していたことが思いもよらぬ形で発覚した。トレード情報を記したヒューストン・アストロズの「極秘文書」が2014年5月、インターネット上に流出したのだ。

   アストロズ側は漏れた情報のすべてが正確というわけではないとしているが、情報の信ぴょう性は高そうだ。

他球団との交渉メモや会話がネット上に

ネット上に公開されてしまったアストロズの「極秘文書」
ネット上に公開されてしまったアストロズの「極秘文書」

   極秘文書は、匿名で投稿できるデータ共有サイト「ANONBIN」上に公開された。何者かにより、アストロズのフロント陣が使用していたオンラインデータベース「グランド・コントロール」がハッキングされた模様で、13年6月から14年3月までの10か月間にわたるトレード情報が漏えい。他球団との間で交わしていたトレードに関する交渉メモや会話などが明るみに出てしまった。

   6月30日に米複数メディアが相次ぎ報じると、同日にはアストロズが公式サイトに公式声明を掲載し、情報漏えいを認めた。ジェフ・ルノーゼネラルマネージャー(GM)は「非常に不幸で残念なことだ」とコメントするとともに、大リーグ機構を通じて連邦捜査局(FBI)に捜査依頼をしていることも発表した。

   文書の中には、イチロー選手のトレード情報も含まれていた。

   実際にANONBINに出ている情報を見てみると、

「2014年年3月18日。ビリー・エプラー(ヤンキースGM補佐)がDS(アストロズGM補佐のデービッド・スターンズ)に、まだイチローのトレードを画策していると言ってきた。200万ドルなら喜んで応じるようだ」

と記されている。

   イチロー選手の推定年俸は650万ドル(約6億5000万円)。つまり、ヤンキース側は450万ドル(約4億5000万円)を負担する形で、アストロズに200万ドル(約2億円)での獲得を打診していたこととなる。結局は破断となったようだが、ヤンキースは年俸の約7割を肩代わりしてまでトレード放出に乗り出そうとしていたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中