2018年 9月 19日 (水)

レターパック悪用の詐欺事件増加 X線検査で中身確認

印刷

   日本郵便は2014年7月3日、レターパックを悪用して現金をだまし取る詐欺事件への対応強化を発表した。警察が公表している過去の詐欺被害者の現金送付先リストと照合するほか、必要に応じてX線検査装置を使用して中身を確認する。不正に利用した疑いがあると判断した場合は警察へ通報する。現金を郵便物として送る場合は書留にしなければならず、レターパックでの現金送付は郵便法違反になるが、送金記録が残りにくいため特殊詐欺での悪用が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中