「オオサンショウウオ」をオタマジャクシと勘違い 「放射能の影響で巨大化!」ツイートが炎上

印刷

   京都・鴨川の河川敷では、大雨で増水した時などに、特別天然記念物のオオサンショウウオが発見されることがたまにあるという。

   先日も発見されたのだが、これが思わぬ形で騒ぎになっている。オオサンショウウオの姿を知らなかった人が、巨大化したオタマジャクシと勘違いし、「放射能の影響が深刻だ」などとツイートしたのだ。

「こういう巨大化した生物が、原発を全廃するまで満ち溢れるだろう」

目撃者のツイート
目撃者のツイート

   鴨川でのオオサンショウウオの目撃情報は、2014年7月3日夜からツイッターで投稿され始めた。5日未明には、「今朝、鴨川にもののけ…オオサンショウウオがいました!デカ過ぎる!!」という文章とともに、オオサンショウウオが道を這っている写真が投稿され、その大きさに驚いたユーザーが次々と拡散していった。

   このオオサンショウウオの写真が、プロフィールに「反レイシズム・反ヘイトスピーチ・反原発・反戦」と書かれているあるツイッターユーザーの目に留まった。ユーザーは7月5日、写真を引用した上でこう投稿した。

「カエルの幼虫がここまで巨大化するとは・・・やはり日本中で放射能の影響が深刻してるようだ・・・」
「このカエルの幼虫が成虫になったら、犬や猫、下手したら幼虫の人間まで食われるかもしれない。こういう巨大化した生物が、原発を全廃するまで日本中に満ち溢れることだろう。これでも反・反原発派の連中は、原子力にしがみつくつもりか!?」(いずれも原文ママ)

   これらのツイートが他のツイッターユーザーに見つかり、7月6日昼過ぎから急激に拡散され、「どっからどう見てもオオサンショウウオだろ」「カエルとオオサンショウウオの区別もつかんのか」「冗談ですよね?国の天然記念物をご存知でない?」などとリプライが寄せられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中